精神保健福祉士の資格を取得するためには

download
精神保健福祉士の資格を取得するには、いくつかのルートがあります。
しかし、いずれにせよ精神保健福祉士の国家試験を受験して取得しなければなりません。
自分がこれから精神保健福祉士になるための最短ルートを考えてみましょう。
また、全くの未経験の方でも精神保健福祉士へのキャリアを歩むために、やるべきことについて確認していきましょう。

精神保健福祉士とは

そもそも、精神保健福祉士とは、精神上に障害のある人たちやその家族の人たちに対して、訓練施設や、就職アドバイス等を行い、よりよい生活を送ることができるように、支援することを担っています。
主な仕事としては、入院のサポートということになります。
精神保健福祉は主に、医療機関、行政機関、精神障害者施設などで働くことになります。
精神科病院で務める場合、一般的な医療機関と大きく異なる部分があります。
それは、入院形態にパターンが4つあるという点です。
(1)患者本人の同意を得る「任意入院」
(2)精神科医の判断と保護者同意による「医療保護入院」
(3)72時間以内限定であれば本人及び保護者の同意も不要な「応急入院」
(4)強制的な知事権限による「措置入院」
などの、パターンがあります。
様々な入院形態がある中で精神保健福祉士は、人権保護の観点から患者さんが慎重に入院が行われているかを、注意する重要な役割をになっています。

精神保健福祉士になるためには

精神保健福祉士になるためには、国家資格を取得しなければなりません。
しかし、誰でも国家資格を受験資格を持っているわけではありません。
受験要件を満たすためには、
1、福祉系の4年制大学で所定の課程を修了する。
2、福祉系の短大で所定の課程を終了し、1〜2年の実務経験
3、一般の4年制大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学する。
4、一般の短大を卒業し、1〜2年の実務経験の後、一般養成施設の1年以上通学する。
といった条件があります。
精神保健福祉士になりたいから、すぐに国家試験を受けることができるわけではないので、予め受験要項を確認しておきましょう。

精神保健福祉士に必要な素質

精神保健福祉士に必要な素質がいくつかあります。
1、相手の考えていることを汲み取る力
2、悩んでいる人や苦しんでいる人の力になりたいという気持ち
といったことが、何よりも大切になります。
自分がなぜ、精神保健福祉士になりたいのかを明確にしておくと良いでしょう。

精神保健福祉士の資格が取れる学校

精神保健福祉士を取れる福祉系の学校は、非常に多く存在します。
そのなかで、どのような学校が自分に合っているのか、選ぶことは難しいと思います。
ここでは、いくつかの医療福祉専門学校を紹介しつつ、それぞれの特徴を見ていきます。
自分にあった学校について考えてみましょう。

まとめ

精神保健福祉士の資格を取得するためには、国家試験の受験要件を満たさなければなりません。
しかし、受験資格はすぐに取得をすることはできず、専門課程のある学校へ行ったり、実務経験を要したりします。
そのため、精神保健福祉士の資格を取得する前に受験資格を満たすための手段を確認しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする